FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-18 (Mon)
以前、こんな↓話を書きました。
Part.1 & Part.2
最初は気になってたくせに、彼が私に好意を持ってくれていると
分かった時点で、急に冷めてしまった・・・・・という話。
(彼は、H君としましょう)

この飲み会の時、実はすでに飲み会の席にて私は彼に対して
多少なりの嫌悪感的な感覚を持ち始めていたのかもしれません(-_-;)

周りのみんなが、「ぱにさんを送って行きなさい!」みたいな
ノリになってるのもすっごく嫌な気分だった。


この飲み会には、入ったばかりのバイト君も来ていたんです。
私と同い年でした。
(私は早生まれなので、学年にすると彼はひとつ下でしたが)
H君は、みっつくらい年下でした。

するとバイト君、「ぱにさん、同い年ー!?気が合うね~♪♪♪」
と、かなり酔っ払っていたのか、なんだか私になついてきました(苦笑)


その時のH君の目・・・・・・・・・・
(((゜д゜;))) アワワ 睨んでる???
すっごい怖い目つきでバイト君を睨んでいました。。。
私は、気づかないフリをしてたけど、バイト君は本気で気づいてない

するとH君はぼそりと、「俺だって3才くらいしか違わないよ」と言った。
するとバイト君は、「俺は、同い年だよーーー?!勝ったねと、
ナゼか対抗意識。
ま、バイト君は酔っぱらいの冗談だった感じだけど。


そして、飲み会の帰り。
H君が私を送って行くノリになっていたけど、私は正直、
ひとりで帰りたかった。。。

そうこうしていたら、酔っ払ったバイト君が急に、
「ぱにさんは、オレが送ってく~~~」って肩を抱いてきた!

これがね、、、、、
イヤな気分じゃなかったんだな(苦笑)


むしろ、バイト君に送って欲しかったくらい。
そう思っちゃうくらい、H君とは離れたかったのだ(>_<)


でも、飲み会に参加してた人のほとんどはH君の味方。
「ほら~、ぱにさんが嫌がってるから離しなさい!」
と、引きはがされ、誰かに引っ張られて2軒目(?)に
連れていかれてしまいました・・・・・。


その後は、前回書いたとおり。


で、今度はむしろバイト君が気になり出してました(爆)

私の派遣期間が終了するのを知った時、本気なのかノリなのか、
「ご飯とか一緒にしてくれる?」って言われました。
これはシラフの時だったけど、もともとお調子者タイプの人だったので、
本心は計り知れず・・・・・。


私の最終日。
バイト君が声をかけてくれるのを待ってました。

でも、その日は運悪く、社内では一度も会えず・・・・・。

帰り際、出口でしばらく待ったりもしてました。。。。。

あんまり長いこと出口でウロウロしていたら、
H君が出て来ちゃうかも・・・・・という不安感もあり、
後ろ髪ひかれつつ帰りました。


あの後、バイト君とご飯食べてたら何か変わってたかも?
と、しばらく引きずりました(o´д`o)=3 。。。


絵文字名を入力してください 読んでいただきありがとうございました。 
   でもあの時、バイト君は本気で誘ってくれてたのかしら?社交辞令かな?

押していただけたら嬉しいです




注意
  なんだかこの話、私のモテ自慢みたいな感じになっちゃってますが、
  全然そんなんじゃありません!!!
  たまたまです。
  たぶん、H君だってたまたま心病んでいた時期かもしれないし、
  バイト君は本気だったという可能性はないに等しいデス。。。。。

スポンサーサイト
| 男性絡みの話 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。