12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-05-02 (Fri)
思えば、中学生のときは、男の子との付き合いに現実味がなかった。
男子とは普通に話をすることすら、ギクシャクしてたし。。。

一度、休み時間にクラスの女子に、
「○○くんが、ぱにぱにさんの事が好きなんだって~」
と、言われたことがあった。
でも、クスクスと笑いながらね・・・。
絶対にバカにされていると思った。からかって遊んでいると思った。

でも、心のどこかで・・・
本当だったらどうしよう・・・
と、ドギマギしている自分もいたなぁ。
生まれて初めて、男子の事をちょっと意識しました。

でも、やっぱりまだ男女のお付き合いに実感がなかったので、
バカな想像ばかりしてた。
たとえば私に告白しに来たやつがいたとする
→ 私が真に受けて照れる
→ 影からそいつの友達がたくさん出てきてみんなで大笑い
→ 「ぱにぱにのやつ、本気にしてるー!バカじゃねぇ!」
→ 「バツゲームでやらされただけのに~(笑)」

みたいなね(笑)

私は、そんな事では浮かれない!
と、意味もなく身を固くしてました(笑)
単にバカにされることがイヤだったんだなぁ。

そんなこんなで、初めて男子を意識するようになると同時に、
男子を拒絶する気持ちも芽生えたような気もします。

イジメられるという怖さの拒絶ではなくて、異性として意識した拒絶感。
ますます男子との距離が取れなくなったのであります。。。



絵文字名を入力してください 読んでいただきありがとうございました。 
   共感や、何か感じて頂けたのなら、ポチッとお願いしますm(_ _)m

押していただけたら嬉しいです


スポンサーサイト
| 男性不信の始まり? | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。